世間一般に出回っているルボックスなどの抗うつ剤についての情報が丸わかりのサイト

ルボックスなどの抗うつ剤の購入に興味をお持ちの方に購入前に知っておいて頂きたい情報をコチラのサイトに集めていきたいと思います。

うつの治療に使用されるルボックスのような抗うつ剤の副作用についての知識

   

抗うつ剤には副作用があります。どんな薬にでも副作用は存在しているのですが、抗うつ剤にも例外なく副作用はあるのです。抗うつ剤そのものは依存性はありませんので、飲み続けて依存するという心配はないでしょう。

■副作用がある
抗うつ剤に限った事ではありませんが副作用はどのような薬にでもあると言われています。うつ病に働きかける脳内の神経伝達系以外にも、ほかの神経系にも抗うつ剤は働きかけるので、それがきかっけで副作用に現れることがあるのです。主な副作用を知ることで安心して抗うつ剤を服用することにつながるでしょう。

■主な副作用の症状について
主な症状ですが、口が渇く、便秘、尿が出にくい、眠気が強い、胃腸障害が出る、頭痛がする等の症状があります。これらの症状が一番現れやすいと言われている症状です。それ以外には抗うつ薬の投与が早かった場合、また増量したときに、不安が逆に強くなったり焦ったりする焦燥感が出る、衝動性が一時的に高まってしまうという特徴もあると言われています。

副作用の働きは、抗うつ剤の投与量によっても違いがありますし、年齢や性別、健康状態や薬の代謝機能、薬物にどれだけ感受性があるか、それ以外にどのような、うつの症状がこれまでに現れていたのかという、個人的なことも関係してきますので、効果は個人差が大きいでしょう。

副作用の出方も様々で、希に重篤な副作用が現れてしまうという人もいますのでその点は十分に注意しなければいけない点でもあります。抗うつ剤は副作用が色々とあるという話を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、副作用はどんな薬でも現れるものです。

ですから、抗うつ剤に限ったことではないということを理解した上で服用しましょう。

 - ルボックスについて