世間一般に出回っているルボックスなどの抗うつ剤についての情報が丸わかりのサイト

ルボックスなどの抗うつ剤の購入に興味をお持ちの方に購入前に知っておいて頂きたい情報をコチラのサイトに集めていきたいと思います。

うつの治療に使用されているルボックスといったような抗うつ剤について知りましょう

抗うつ剤とは、神経伝達物質の種類によって、色々と薬があります。抗うつ剤は何の目的で利用するのか、それは、脳内の神経シナプスの隙間にうつになる神経伝達物質が送り込まれ再度取り込まれることを予防していきます。

■抗うつ剤の働きについて
抗うつ剤の働きについては、脳内に働きかけて作用します。脳内にある神経シナプスの間に、うつの症状になる神経伝達物質を受ける側ではなくて、送り手側にもう一度取り込まれることを予防して、シナプスの間全体に、神経伝達物質を増やし、うつにならないように症状を緩和させる働きがあります。

うつ病と言われた人の大半は、神経伝達物質のバランスが上手に行きませんから、うつの症状が出るので、神経伝達物質のバランスを薬によって整えることで改善されるのです。

■抗うつ薬の服用期間
抗うつ薬の服用期間ですが、飲み始めてすぐには効果は現れません。しばらく効果が現れるまで飲み続ける必要があります。抗うつ薬は、市販されている風邪薬みたいに、服用後15分から30分程度で効果が現れるものではないのです。個人差があるかもしれませんが1週間から2週間は効果が現れるまでに時間がかかるのです。

うつの治療に使用されているルボックスといったような抗うつ剤について知りましょう

服用し始めて抑うつの症状がなくなっても服用を勝手に判断してやめると、脳の中の環境が自力でバランスを整えることができませんので、再発するリスクが高まります。抗うつ薬をやめるかどうかの判断は医師が良いと言われるまでは飲み続けなければいけません。

参考■ファベリン(ルボックス)の海外通販・個人輸入なら送料無料のTOP http://www.ntp-k.org/medicine/mental/faverin.html

自己判断してはいけないのです。半年程度は服用をしばらく続けることが一般的です。うつの症状を繰り返している人の場合は、もっと服用を続けることになるでしょう。

■抗うつ薬の種類について
抗うつ薬の種類についてですが、うつ病の原因になっている脳内神経伝達系のセロトニン、ノルアドレナリン系に働きかけ、効果の発揮をもたらします。その化学的な構造や作用する機序により、三環系、四環系と呼ばれる種類がありますしそれ以外に。

SSRI、SNRI、NaSSAという種類に分けることが可能です。開発された年代順では今紹介した順番で、新しく作られた薬ほど、脳の中のターゲットの対象を絞り込むことが可能になるので、効果が高い、副作用が少ない特徴があります。ですが、新しい薬ならいいのかというわけではなく、以前からある薬も現在も使用されており、値段も安いですし、薬の合う、合わないという特徴等もありますので、新しい薬よりはこれまでの薬の方が体調的に効果があるというケースもあります。

■抗うつ薬の強さについて
効果は強さが違います。色々と種類がありますが、強さはどうなのでしょうか。効果が一番強いと言われているのは三環系抗うつ剤、そしてSSRIとSNRI、NaSSAは同じくらいの強さで、次にスルピリド、四環系、となり四環系とSARIは同じくらいの強さです。

これはだいたい副作用の強さも同じようなものなのですが、副作用は三環系乗継に四環系が強く、スルピリドの順番となっています。もちろん誰でも副作用が出るわけではありませんので、効果も副作用も個人差があることは理解しておいたほうがいいでしょう。

自分にあった抗うつ薬を選ぶ必要があります。

■どのような副作用が出るのか?
一般的には口渇が一番多いと言われてます。色々とあるのですが服用を始めてすぐにのどが渇くようになるでしょう。これは自律神経系が優位になっていることが原因の副作用です。抗うつ剤はさまざまな種類があり、種類によって効果の強さや副作用等も違いがあります。

公開日:
最終更新日:2016/11/28